西郷従道邸と金田正一

西郷従道邸と金田正一_e0373930_17424877.jpg
 西郷従道邸は、戦後国鉄スワローズに払い下げられて選手宿舎として使われていました。そして当時スワローズの看板選手であった、故金田正一氏があてがわれた部屋も存在しました。


西郷従道邸と金田正一_e0373930_17424822.jpg
 二階の普段は非公開のとある一室です。西郷従道邸時代の資料が無いとのことで家具類は置いておらず、また選手宿舎時代の畳も撤去されていて、まるで住人がいなくなった賃貸物件の空室のようです。


西郷従道邸と金田正一_e0373930_17424849.jpg
 窓の上には当初のものと思われる装飾が残っています。


西郷従道邸と金田正一_e0373930_17424828.jpg
 中は閉鎖されていますが、暖炉も外観は残っています。暖炉上の写真は2013年に来村した金田氏の姿です。

西郷従道邸と金田正一_e0373930_17424854.jpg
 机も鏡も恐らくはこの建物の備品ではないと思われます。


本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/

by k0531k | 2019-10-13 18:14 | 明治村 | Comments(0)

蒸気機関車の石炭

蒸気機関車の石炭_e0373930_23171906.jpg

 明治村には12号と9号の2両の蒸気機関車がいますが、石炭や水などの補給や整備は北口付近の明治村とうきゃう驛奥にある機関庫で行われます。


蒸気機関車の石炭_e0373930_23171981.jpg
 そこには燃料である石炭もありますが、これは正確には石炭そのものではなく、ピット練炭と呼ばれる粉状の石炭をピットという糊で混ぜ合わせ玉にしたものが使用されています。

蒸気機関車の石炭_e0373930_23172049.jpg
 長崎居留地二十五番館内に展示されている説明文です。豪州や中国、ロシアの石炭を原料としています。ピッチ練炭を使用する理由としては石炭と比べてムラなく均一な状態に出来、効率良く燃焼する燃料が確保できる点があると思われます。また不純物を減らせるので沿線火災の原因となる火の粉が飛びにくいという利点もあります。このため国鉄時代後期から今に至るまで蒸気機関車の燃料といえばピッチ練炭が主体となっています。

蒸気機関車の石炭_e0373930_23172014.jpg
 訪問するタイミングもありますが、このように大量のピッチ練炭を目にする時もあります。

蒸気機関車の石炭_e0373930_23172036.jpg
 駅で出発待ちをしている機関車をのぞき込むと運転台後方に積まれたピッチ練炭を見ることもできます。


本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/



by k0531k | 2019-10-10 23:33 | 明治村 | Comments(0)