もうすぐ再会

e0373930_18534513.jpg
 2015年より長期間に渡り保存修理工事が行われてきた“長崎居留地二十五番館”ですが、2019年3月にようやく工事が終了して再び一般公開が始まります。公開はまだもう少し先となりますが、建物は工事の時の足場がようやく取れて遠巻きながら姿が見えるようになりました。


e0373930_18534581.jpg
 春の公開が待ち遠しいですが、長崎居留地と入れ替わる形で宇治山田郵便局が2019年1月中旬から2022年までかかる大規模な保存修理工事が行われるとのことで、これはこれで少し寂しい気もします。

本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/

# by k0531k | 2019-01-12 19:05 | 明治村 | Comments(0)

2019年正月の明治村

 三が日の訪問はできませんでしたが、1/6に明治村へ行ってきました。

e0373930_20272661.jpg

e0373930_20272672.jpg

e0373930_20272650.jpg
村内の各種交通機関には前面に注連飾りが取り付けられていました。ちなみに昨年の正月も9号機関車が注連飾りを付けて運行されていて、正月仕様の12号機関車は撮影できませんでした。
e0373930_20272619.jpg
 
本日は運行していなかった京都市電弐号にも注連飾りが取り付けてありました。同じく本日は運行していなかったSL12号機関車は機関庫の奥に仕舞われていたので確認できませんでしたが、もしかすると注連飾りが付いていたのかもしれません。


e0373930_20272692.jpg
 1丁目、鉄道局新橋工場内にある明治神社です。開村40年を記念して創建されたもので、明治神宮本殿の1/10の社殿に明治神宮の特別神符をお祀りしています。

 
e0373930_20272657.jpg
 村内にはキリスト教の教会はシアトルのも含めて4か所ありますが、寺社はこの明治神社だけです。しかしながら明治神宮の流れを汲むとても由緒正しいものです。

e0373930_20272613.jpg

 本年もどうぞよろしくお願い致します。

本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/


# by k0531k | 2019-01-06 20:42 | 明治村 | Comments(0)

謹賀新年


 あけましておめでとうございます。平成最後の年で5月からは新元号がスタートして明治・大正・昭和・平成、そして新元号と時代は流れていきますが、今年もこれからも明治村に足繁く通いたいと思っています。

e0373930_23095464.jpg
 画像は昨年のものですが、2018年最後に私が訪れた日です。積雪があり雪の明治村を撮影したいと思い訪問しましたが、あいにくSLと京都市電は終日運休となっていました。

e0373930_23134017.jpg

 一丁目、西郷従道邸前にある和食処”碧水亭“です。雪だるまが客引きをしていました。

e0373930_23133928.jpg

e0373930_23134188.jpg
 午後に訪れると仲間が増えていました。

本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/

# by k0531k | 2019-01-05 23:16 | 明治村 | Comments(0)

e0373930_19360738.jpg
  平安神宮にて保存されているN電です。N2号で保存に際しては晩年の姿を残しています。

e0373930_19360737.jpg
 前面に窓ガラスを取り付けているのが大きな特徴ですが、手で回すブレーキや側面の扉が無いなど、登場当初の特徴も残しています。
e0373930_19360980.jpg
 また同じく京電の記章も残されています。


e0373930_19360906.jpg
 屋根部のダブルルーフも残されていますが明かり窓は塞がれていて、代わりにベンチレーターが設置されています。

e0373930_19360882.jpg

 保存場所は平安神宮の有料区画である庭園内にありますが、入り口から入って少し進むとその姿が拝むことができます。上記の通り前面とダブルルーフ部分に変化がありますが、全体的には登場時の姿をよく残していると思います。塗装が違う点もイメージを変えている要素になっているかもしれません。

e0373930_19360998.jpg
 手前に垣根があるので観察し辛いですが、台車も特に変化は無いようです。

e0373930_19360979.jpg
本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/


# by k0531k | 2018-12-28 20:57 | 明治村 | Comments(0)

e0373930_20522167.jpg
 京都市内の梅小路公園内にN電27号が動態保存されています。梅小路公園は平安遷都1200年を記念して作られた公園で、当時の梅小路蒸気機関車館(現在は京都鉄道博物館の一部)の入り口付近にN電の乗り場がありました。

e0373930_20522299.jpg
 車体の色合いも明治村の2両とそれほど変わらない感じがします。

e0373930_20522266.jpg
 トロリーポール集電で吊り掛け駆動の新製当初を復元したもので、1994年より運行を開始しました。
e0373930_20522253.jpg
 写真には納めていませんが、当然折り返し時にはポール回しを見ることができました。

e0373930_20522114.jpg

e0373930_20522307.jpg

 2014年には梅小路公園が拡大再整備されて、京都水族館や京都鉄道博物館が開設されました。また京都市交通局が非公開保存していた市電を活用した「市電ひろば」も設置されました。N電27号もこれまでと同じく動態で活躍を始めましたが、見た目は当時のものではあるものの、足回りは最新の技術がつぎ込まれました。

e0373930_20522303.jpg

 ポールを上げずに走行するN電27号です。最新鋭の蓄電池を搭載しているので架線から電力を得る必要はないため、このような運行が行われるようになりました。一応終点では形ばかりのポール回しは行われるようです。

e0373930_20522243.jpg
 明治村とは違う方向性の運行ではありますが、こちらも末永く運転をしてもらいたいものです。

本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/


# by k0531k | 2018-12-21 21:45 | 明治村 | Comments(0)