<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

名電1号形

e0373930_23090511.jpg

 2丁目の七条電停付近にて展示されている名電1号形電車です。1901年(明治34年)から1907年(明治40年)まで、名鉄の前身である名古屋電気鉄道で活躍した電車です。当初は明治村で動態保存されている京都市電のように運転台に窓ガラスの無い吹き曝し状態でしたが、札幌電気軌道に譲渡された際に前面部にガラス窓が設置されました。しかしながら乗降口には扉が無く、冬の北海道の極寒では乗務員には大変な苦労があったものと思われます。

e0373930_23090490.jpg
 愛知への里帰りの際には塗装は登場当時のものとしましたが、札幌時代に改造された前面はそのままとされています。これは札幌市から期間限定で貸与されているためと思われ、2020年の返還時には札幌時代の姿へと復元されるのでしょう。

e0373930_23090528.jpg
 車内はロングシートで京都市電とだいたい同じ構成と言えます。またつり革は藤蔓でできていて当時のものを再現しています。

e0373930_23090370.jpg
 運転台は極めてシンプルでメーターの類は無し、マスコンは路面電車でよくみられる直接式、ブレーキは空気などを使わない手ブレーキです。

e0373930_23090482.jpg

e0373930_23090491.jpg
 札幌市交通資料館で保存展示されていたころの札幌市交通局10形こと名電1号形です。1930年代に廃車されましたが1両だけ保存され、一時期には車籍復活の上で動態運行されていました。現在は本線走行できない状態と言われていますが、車籍は維持されています。

e0373930_23090446.jpg
 かつて名電1号形が展示されていた場所に現存唯一の蒸機動車が保存展示されていました。現在はJR東海が運営するリニア・鉄道館に保存されています。

本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/


by k0531k | 2017-06-29 23:56 | 明治村 | Comments(0)

ハナショウブ

e0373930_20375855.jpg

 無声堂脇のハナショウブが咲き始めました。まず黄色い花が咲き始めて、往来の人々や村営バスの乗客、食道楽のカフェの客の目を楽しませます。

e0373930_20384610.jpg

 この地区は正門と北口の間にあり、また食道楽のカフェとイベントなどが良く行われる芝生と休憩所があり、人の往来は激しい場所でもあります。

e0373930_20383029.jpg

 やがて青色系統の花も咲き始めます。

e0373930_20375876.jpg


e0373930_20375898.jpg


本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/


by k0531k | 2017-06-14 20:50 | 明治村 | Comments(0)