怪盗になってきた

e0373930_00325975.jpg


 本日2月19日は「きらめき明治村」最終日。それは同時に「明治怪盗ゲーム」の最終日でもあります。時間制限ありで2,400円とそれなりのお値段だったので、参加は見合わせようと考えてました。しかしながら2丁目の見学を行っていた時に、いくつかの怪盗ゲームの手がかりを見掛けて、デザインが探偵ゲームのものと同じなのを見てだんだんとプレイしたいという欲求が湧いてきて、何とか最終日に滑り込んだ次第です。

e0373930_00330022.jpg


 集合場所の明治村ホールです。普段は団体客専用となっていて通常入場した客はなかなか入ることはありませんが、こうした限定参加型のイベントで入る機会がたまにあります。また昨年はゴールデンウィークに一般客向けの食堂として「東郷平八郎カレー」など限定メニューが明治村ホールで提供された例もあります。

e0373930_00330017.jpg



 最初に渡される「明治怪盗ゲーム」のキットです。ゲームの参加者証と怪盗ジダイから渡された手紙(行動指示書や暗号)です。怪盗ジダイとは昨年の「明治探偵ゲーム」の第伍章に登場した、探偵明治小五郎のライバルとなる怪盗です。まあその後も登場するだろうとは思いましたが、本編よりも先にまずスピンオフでの登場となりました。
 与えられた時間はたったの1時間。正直これは大きなハードルです。私はじっくりと考えてプレイするタイプ(というか頭が固いので問題解決に時間が掛かってしまう)のでクリアは難しいとは思っていました。最初の暗号は探偵ゲームのものと方向性は大体同じだったので、最初は難しいと思ったものの頭を働かせると、徐々に解けていきました。で、そこそこ前進することはできました。

 でもやっぱり最後まで謎を解いて「あかり」にたどり着くことはできませんでした(泣)でもまあ「あかり」の謎にたどり着いたのは全体の約1割だったので、私が特別鈍かったわけじゃないとは…、まあ思うんですよね(笑)

 3月から始まる本編の「明治探偵ゲーム」のプレイ進行が思いやられます…

本館はこちら→ http://www.ken-k.pvsa.mmrs.jp/


by k0531k | 2017-02-19 20:27 | 明治村 | Comments(0)